ID : Pass :  | register
はじめての方へ
はじめての方へ
グーグル_リンク
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
海外バイクツーリング情報
ツーリングブログなど
その他
     

切り抜き詳細

発行日時
2018-9-29 18:18
見出し
秋の山形ツーリング(2)
リンクURL
https://blogs.yahoo.co.jp/bike_special/41371269.html 秋の山形ツーリング(2)への外部リンク
記事詳細
翌日は天気予報通りに青空の清々しい朝を迎えました。ホテルを出発して、近くのコンビニで朝飯を食べながら走行ルートを考えます。R13で北上が時間的には早いですが、あまりにも味気ないルートなので、R287で長井方面へ走ることにしましょう。このルートは田園風景の中を快調に進み、川西市街で直角に曲がったり、道幅が狭くなったりと楽しい道です。長井市あたりからは田んぼの向こうに朝日山系の山々が見えて、秋らしい景色を堪能できます。
イメージ 1
このままR287で寒河江まで北上するつもりでしたが、どこで間違ったのか途中からR348で山形方面へ走っていました。やむなく広域農道とR458を経由して寒河江まで進み、R112を鶴岡方面へと走ります。しかしこの後交通量が多く流れが悪くなったので、並走する県道26号→54号→291号と迂回して先を急ぎます。そして途中からR112へと再合流し、月山湖の寒河江ダムにて一休みです。
イメージ 2
寒河江ダムのシンボルは「月山湖大噴水」、日本では1位、世界でも第4位の噴射能力を持つ噴水です。この112mという日本一の高さを誇る月山湖大噴水ショーが休憩中にちょうど見れました。1本の柱のように高く上がったり、放射状になったりと、次々変化する大迫力の噴水の様子は圧巻です。ダム見学もほどほどに、引き続き国道を西へと進み、長さ2620mの月山第一トンネルをくぐります。
イメージ 3
R112の月山ICより西は自動車専用道路になり、125cc以下の二輪車は通行できなくなっています。時間が許せば旧道の六十里越街道を走るのも楽しそうでしたが、今回は新道で一気に県境をパスして、途中から湯殿山有料道路湯殿山へと立ち寄ることにしました。少々荒れた舗装の道を進むと、レストハウスで一般車両は行き止まりとなり、この先はシャトルバスで湯殿山神社本宮へと向かうことになります。
イメージ 4
修験道の霊地・湯殿山は、標高1500m、月山南西山腹に連なるなだらかな稜線の山です。出羽三山の奥宮とされる湯殿山神社本宮は、写真撮影禁止、参拝は土足厳禁という厳しい戒めで知られる神社、温泉の湧き出る巨岩が御神体で、多くの参拝客で賑わいます。湯殿山を後にして、来た道を戻りR112をさらに西へと進みます。
イメージ 5
湯殿山ICより再び山形自動車道が酒田方面へ分岐します。あさひ月山湖と月山ダムが見えてくるので、ここでも一休みしておきます。このダムは高さ123メートルの重力式コンクリートダムで、展望広場に「月の女神」という女性像が建っています。これは三日月の上に美しい女性が立つ大きなブロンズ像で、月山ダムを象徴するモニュメントです。
イメージ 6
このまま国道で下るよりも県道351号でショートカットしたほうが面白そうなので、道を変えてみることにします。細い田舎道を進むと、左手に藁引きの立派な門が見えてきました。ここは湯殿山総本寺 大日坊瀧水寺で、弘法大師が開山された寺として知られる湯殿山の総本寺です。弘法大師自作の御本尊と即身仏「真如海上人」、国指定重要文化財「金銅仏釈迦如来立像」を安置し、徳川将軍家の祈願寺で春日局が参詣した寺として全国に名を轟かす寺だそうです。
イメージ 7
県道351号は山の中の細い道で、峠越えは林道のように心細い区間もありますが、途中で牧場の中を通り、開けた景色を楽しむこともできます。交通量の多い主要道路を走るのに疲れた時などは、こんなのどかな道をのんびりと走るのも良いかと思います。峠越えをして下っていくと広域農道と交差するので、それを右折して先へと進みます。
イメージ 8
広域農道を進み、沿道にあった福湊庵で昼飯を食べようかと立ち寄りましたが、生憎いっぱいで、月山福湊水を眺めるだけでパスしました(T_T)。そのまま農道を進むと、道は県道346号へと変わり、いつのまにか県道115号を北上していました。そのまま道なりに藤島まで走り、いったんR345へと合流しますが、すぐに広域農道を北上していきます。
イメージ 9
そろそろ昼飯にしようと、余目の市街地をパスして県道360号に合流する地点で食事処をチェックして、八幡公園近くにある「中華そばたかはし」に立ち寄ってみることにしました。一見さんは気づかないような細い路地に入ったところにあって、マニア度は高そうです。お勧めの中華そば(700円)を券売機で購入し、狭い店内で出てくるのを待ちます。
イメージ 10
いよいよ出てきたラーメンはチャーシューとネギ、メンマ、海苔がのったシンプルな見た目。スープは鶏ガラと魚介系を合わせた感じのあっさり風、中太ちぢれ麺との相性も良くてうまいです(^_^)/。庄内ラーメン、なかなか侮れませんよ。
腹ごしらえも済ませて、次は鳥海山へと向かいます。
※Part3へと続く
広告
 
     
検索
新着ムービー
google
pagetop