ID : Pass :  | register
はじめての方へ
はじめての方へ
グーグル_リンク
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
海外バイクツーリング情報
ツーリングブログなど
その他
     

切り抜き詳細

発行日時
2018-4-15 18:39
見出し
台北ウォーキング(2)
リンクURL
https://blogs.yahoo.co.jp/bike_special/41219775.html 台北ウォーキング(2)への外部リンク
記事詳細
台北での2日目は曇り空の朝でした。まずはホテルのレストランでバイキングの朝食をとります。ごはんやパン、お粥、デザート、ドリンクなど種類も豊富で朝からおなかいっぱいです(^_^;)。今日は台北市内の名所を巡ってみることにしますが、とりあえず台北駅へと歩きましょう。三越前より地下街へ入ってMRTの乗り場を目指します。途中に鳥と人間がかけ合わさった奇妙なオブジェがありましたが、待ち合わせ場所なのでしょうか。
イメージ 1
MRTは淡水信義線象山方面に乗り、台北101世貿駅で降ります。地下から地上に出ると台北101ビルが見えますので、そちらへ向かって歩きます。まだ朝早かったので階下のショッピング街はオープンしておらず閑散としていました。台北101の展望台へ登るには5階のエレベーター搭乗口まで歩かねばなりません。エレベータに乗るには大人600TW$がかかりますが、事前にネットで予約すると540TW$で乗れます。
イメージ 2
エレベーターは東芝エレベータ製で、時速60.6キロメートルの速さで上昇し、展望台のある89階(地上382.2メートル)まで39秒で到達します。この速度は2004年に世界最速としてギネスブックに認定されました。また87階 - 92階の中央部の吹き抜け空間には、風による振動を緩和する巨大なTMD(チューンドマスダンパー)が設置されています。台北市街を一望する景色は一見の価値がありますが、飲食物はちょっとお高めなので、持参したほうが良いかと思います(^_^;)。
イメージ 3
台北101を後にして、MRTで淡水方面へ戻り中正紀念堂駅で降ります。そしてその名のとおり中正紀念堂へと立ち寄ってみます。ここは台北市中正区に位置し、台湾の初代総統である蒋介石の顕彰施設です。台湾の三大観光名所のひとつであり、中国の伝統的な宮殿陵墓式が採用されています。中正紀念堂の「中正」とは蒋介石の本名ということです。イメージ 4
中正紀念堂の敷地面積は25万平方メートルと広大で、日本統治時代の山砲隊、歩兵第一連隊の軍用地跡地でした。敷地中には本堂のほかに国家戯劇院や国家音楽庁、公園広場、休息所や回廊、庭園、池なども併設されています。敷地の東側に位置する紀念本堂の高さは70mもあり西にある中国大陸を臨むように設計されています。
イメージ 5
紀念堂の階段を登るとメインフロアの奥には巨大な蒋介石の銅像が設置されています。像の両脇で儀仗隊が警護しており、1時間ごとに交代の儀式が行われます。この兵隊さんがはじめは人形かと思わせるほど動きませんが、時間になると急に動き出すのでびっくりします(^_^;)。また地階には文物展示室が設置されており、無料で見学することができます。
イメージ 6
本堂正面には高さ30メートルの大中至正門がありますが、その間は市民達の憩いの場となっており、政治的な集会の場として使用されることも多く、特に1987年の戒厳令解除後には学生運動やストライキの集合地点としてしばしば使用されたそうです。
イメージ 7
公園広場を歩いていると飲み物の自販機がありました。サイドには「厳禁!相撲力士飲用」と書いてあります。この時は良くわからなかったのですが、帰って調べると台湾の黒松という飲料メーカーのCMにその答えがありました(^_^;)。さてMRTで台北駅へと戻って、地下街で昼飯を食べます。台湾では買い物で受けっとったレシートは捨てずにとっておきましょう。なぜかと言えばレシートが宝くじになっており、最高1000万TW$が当たるからです(^_^)/。
イメージ 8
台湾に住んでいる人だけでなく、外国人でも当選金を受け取ることができます。当選番号は2か月に1回、奇数の月の25日に台湾財政部のHPにて発表されますので、楽しみにとっておきましょう。さて昼飯も食べて、いったんホテルへと戻り休憩します。そして夕方に再び台北駅へと歩き、MRTで士林の夜市へと向かうことにします。
イメージ 9
台北に数ある夜市の中でも最大の規模を誇る士林観光夜市は、毎晩たくさんの屋台が立ち並び、まるで毎日がお祭りのような賑やかさを味わえる場所です。もちろん台湾のあらゆるB級グルメを楽しむことができます。MRTは士林駅ではなくひとつ前の剣譚駅で降りるので間違えないようにしましょう。
イメージ 10
有名な「豪大大雞排」、すなわち巨大なフライドチキンを狙っていきましたが、すでに結構な行列で断念です(T_T)。まあ500店ぐらいあるので、歩きながら適当に買い食いしていきます。写真は鳥皮にご飯の入った串焼きで、とてもスパイシーな味付けでした。
イメージ 11
いかにも日本人観光客に見えたのか、あるおばちゃんがニセブランド品を買わないかと話しかけてきました。路地に入った住宅の一角に品物はありましたが、結構お高いので見るだけ見て退散です(^_^;)。その後も屋台をはしごして肉団子入り麺(70TW$)や魯肉飯と言う豚肉の煮込みかけごはん(30TW$)30TW$などを食べまくりましたが、味付けは日本人に合っていてすごく美味しかったです。
イメージ 12
そしてデザートはマンゴー入りのかき氷と台湾茶ドリンクで一休みです。まだ4月というのに、温暖な台湾ではこの時期もかき氷が売れるんですね。これまたふわふわした食感でとても美味しかったです。腹を満たしたら衣料品の店を次々と見て周ります。やさぐれたドラえもんのTシャツなど、面白い商品も満載で見ていて飽きが来なかったです(^_^;)。
イメージ 13
士林市場も19時~21時ぐらいがいちばん混雑する時間帯で、この日も週末とあってすごい人出でした。そんな人混みにもスクーターが突入してくるのが、これまたスゴイです(^_^;)。
※Part3へ続く。

広告
 
     
検索
新着ムービー
google
pagetop